栄養豊富でカロリーの少ない青汁ですが、置き換えダイエットには有効ではありません。食事の代わりにしてしまうと、逆に太りやすい体質になったり、元気が出ず体調を崩してしまったりするかもしれません。食欲を我慢しなくても、青汁を普段の食事にプラスするだけで、十分に痩せるサポートをしてくれます。そして毎日継続して飲用することで、美容や健康にも良い影響を与えてくれます。

<置き換えダイエット法とは>
1日の食事回数は3回ですが、そのうちの1回~2回をカロリーの少ない食品に変える方法です。摂取カロリーを減らすことで、不足したエネルギーを補うために脂肪が使われ痩せるという仕組みです。お腹がすいてしまうというデメリットがありますが、比較的空腹を乗り越えやすい夕食を、低カロリーなものに変えることで対応できます。

<青汁を使うのはやめた方が良い>
エネルギーにならない青汁を食事として扱うことは、やめた方が賢明です。
仕事中やお出掛けで思うように動けない、なんてことにもなりかねません。
逆に太りやすくなるというデメリットもあります。

■体を動かしてくれるエネルギーではない
青汁は、置き換えダイエットには向いていません。10~25キロカロリーと低カロリーで栄養価が高いため、一見代わりの食事として最適に思われるでしょう。しかし体を動かすエネルギーにはならないので、体調を崩して倒れてしまう恐れがあります。特に動き回ることの多い仕事をしている方は、その分エネルギーが必要ですので、健康のためにはやめた方が無難です。

■逆に太りやすくなる
置き換えダイエットは、リバウンドしやすい体をつくってしまうことになりかねません。エネルギーが不足することにより、体は栄養を吸収しようと頑張ります。それだけでなく、脂肪と一緒に筋肉も減ってしまうので、基礎代謝が下がってしまいます。すると消費されるエネルギーの量が減り、元の食事に戻した時にその食事の量を消費するだけの筋肉がなくなっているため、リバウンドしてしまいます。

リバウンドしてしまうと、せっかくの努力が無駄になってしまいますので、痩せる方法は慎重に選びましょう。

<痩せるためのサポート役として使う>
青汁は、置き換えではなく朝昼晩の3食に加えて飲むと効果的です。体の代謝を上げるのに有効ですので3食きっちり食べて、痩せるための補助として飲用することでダイエットの成功につながります。そうすることで、リバウンドもしにくくなります。また、栄養もきっちりとれるので、健康や美容にもとても良い影響を与えくれます。

スリムになっても、体調を崩してしまってはどうしようもありません。大事なことは、健康的に美しい体型をキープすることです。いつもの食事にプラスするだけで、青汁は痩せるためのお手伝いとして大活躍してくれます。無理せず快適にダイエット生活を送ってください。

関連記事